プロバイダとは?光回線とプロバイダの関係を詳しく解説!

インターネットを利用するにはプロバイダとの契約が必要になりますが、プロバイダについてイマイチよく分かってないという方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事ではプロバイダについての情報やプロバイダの選び方について詳しく解説していきたいと思います。これから光回線の導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

【この記事のポイント】

  • プロバイダとは
  • プロバイダの選び方
  • おすすめのプロバイダ

 

そもそもプロバイダとは?

そもそもプロバイダとは何なのか、よく分かっていない方も多いでしょう。インターネットを利用するには、回線とインターネットを接続する必要があり、この接続事業者のことをプロバイダと呼びます。代表的なプロバイダには、「OCN」「BIGLOBE」「So-net」「@nifty」などがあります。

 

光回線にプロバイダは必要?

先述したように、回線とインターネットを接続するにはプロバイダが必要です。そのため、光回線でインターネットを利用するには、回線事業者とプロバイダの2社と契約する必要があります。しかし、近年では光回線とプロバイダが一体となった「光コラボレーションモデル(以下、光コラボ)」が主流となってきました。次で光コラボについて解説していきます。

 

プロバイダが一体となった光コラボ

光コラボとは、NTT東日本・西日本が提供する「フレッツ光回線」を各プロバイダやキャリア提供会社が借り受けて提供するサービスになります。光コラボは、NTT東日本・西日本が提供するフレッツ回線を使用しているため、回線の質も高く、日本全国で利用できるのが最大のメリットと言えます。また、フレッツ光を利用する場合は、別途プロバイダ契約が必要になりますが、光コラボ回線なら契約先も1社で良いため、シンプルで分かりやすいのが特徴です。

 

プロバイダ・光コラボの選び方

プロバイダや光コラボはどこを選んでも良いというわけではないので、ここではプロバイダ・光コラボ選びのポイントをお伝えしていきます。今回お伝えするポイントは、こちらの3つです。

  • 回線の質・通信速度の速さ
  • キャッシュバック特典
  • Wi-Fiルーターのレンタル

それでは、1つずつ見ていきましょう。

 

回線の質・通信速度の速さ

1つ目のポイントは、回線の質と通信速度の速さです。プロバイダや光コラボによってインターネット接続方式が異なる場合があります。従来であれば、PPPoE接続が一般的でしたが、近年ではIPoE方式が普及してきました。PPPoE接続とIPoE接続の大きな違いは、回線・通信速度の安定性です。IPoE接続は、PPPoE接続に比べて帯域が広く設計されているので、回線の混み合う時間帯でも通信速度が低下しづらいのが特徴です。例として、「OCN 光」のPPPoE接続とIPoE接続での通信速度の違いを見てみましょう。

通信速度(下り) 通信速度(上り)
PPPoE接続 196Mbps 176Mbps
IPoE接続 336Mbps 213Mbps

※参照:みんなのネット回線速度

※2022年3月現在、直近3カ月のデータ

 

上の表を見て分かるとおり、PPPoE接続とIPoE接続での通信速度の違いは一目瞭然です。そのため、プロバイダ・光コラボを選ぶ際は、IPoE接続に対応しているかどうか確認するようにしましょう。

 

キャッシュバック特典

2つ目のポイントは、キャッシュバック特典です。光コラボによっては、新規契約で数万円のキャッシュバック特典を用意していることもあります。キャッシュバックのほかにも、ポイントプレゼントなどの特典もあるので、特典を見て選ぶのも1つです。また、光コラボごとで月額料金が異なるので、キャッシュバックなどの特典を加味した実質月額料金で判断するようにしましょう。

 

Wi-Fiルーターのレンタル

3つ目のポイントは、Wi-Fiルーターのレンタルです。基本的に、光回線の導入には開通工事が必要になります。申し込みから開通工事まで1カ月以上かかることもあり、その間、インターネットを利用できないのは不便ですよね。そのため、開通工事までの期間、Wi-Fiルーターをレンタルしてくれるプロバイダ・光コラボもあります。レンタル代が発生することもありますが、中には無料でレンタルできるプロバイダ・光コラボもあるので、事前に確認するようしましょう。

 

IPoE対応でおすすめのプロバイダはOCN

プロバイダの選び方をお伝えしてきましたが、結局どのプロバイダが良いのか分からないという方もいるでしょう。そんな方におすすめのプロバイダが「OCN」です。プロバイダOCNは、人気プロバイダで、高品質な回線や通信速度の速さが魅力です。OCNでは、従来のPPPoE接続ではなく、次世代インターネット接続方式のIPoE(IPv4 over IPv6)接続を標準提供しています。そのため、回線の混み合う時間帯でも通信速度が低下することなく、快適にインターネットを利用することができます。また、IPoE(IPv4 over IPv6)接続をさらにアップデートするIPoEアドバンスという有料オプションサービスも提供しています。IPoEアドバンスを利用することで、より快適なインターネット環境を構築することができ、リモートワークやオンラインゲームなどをメインに利用する方におすすめです。

 

まとめ

インターネットを利用するにはプロバイダは欠かせない存在です。NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光を利用する場合には、別途プロバイダを契約する必要があります。しかし、近年では、回線とプロバイダが一体となった光コラボが主流となっており、「OCN 光」や「ドコモ光」「Softbank光」などが該当します。プロバイダはどこを選んでも同じというわけではなく、プロバイダごとにそれぞれ特長があります。自分に合ったものを探すためにも、この記事でお伝えした「プロバイダ選びのポイント」を参考にしてみてください。この記事が少しでも参考になれば幸いです。