安さ重視は危険!一人暮らしのインターネットは「光回線」がおすすめ

一人暮らしのインターネット、安さ重視で選んでいませんか?
コロナ禍を経て、家族や友人との連絡手段、買い物、ゲームや動画といったエンタメだけでなく。
授業・就職活動・仕事といったシーンでも、オンライン化が進んでいます。
これからの時代、一人暮らしであってもインターネットは
・通信速度の速さ
・通信環境の安定性
で選ぶのがおすすめです。

そこで、
■一人暮らし向けのインターネット回線4つの比較
■一人暮らしのインターネットに「光回線」をおすすめする理由
■一人暮らしのインターネットに「光回線」を選ぶときの注意点
■一人暮らしにおすすめのインターネット「OCN 光」
をご紹介。

「これから一人暮らしを始める予定だが、インターネットをどれにしようか迷っている」
「一人暮らしをしているが、今のインターネットを変えたい」
と思っている人は、ぜひインターネット選びの参考にしてください。

一人暮らし向けのインターネット回線4つの比較

一人暮らし向けのインターネット回線4つの、メリット・デメリットを比較しました。

通信速度 通信安定性 通信制限 料金 手軽さ 使える場所
光回線
高速

安定

なし

4,000~6,000円
×
工事必要
×
家の中
ホームルーター
普通

普通
×
あり

4,000~5,000円

工事不要
×
家の中
モバイルWi-Fi
遅め

やや不安定
×
あり

4,000~5,000円

工事不要

どこでも
賃貸物件の
無料Wi-Fi
×
遅い
×
不安定
×
あり

無料

工事不要
×
家の中

1.光回線

光回線は、光ファイバーを利用した、高速・大容量通信が可能なインターネット回線です。
通信制限もないので、光回線を引いた家の中では
・動画視聴
・オンラインゲーム
・リモートワークでのウェブ会議
なども、容量を気にせずサクサク使えます。

メリット ◎高速通信
◎通信が安定している
◎通信制限がない
△料金相場は4,000~6,000円
デメリット ×工事が必要
×家の外では使えない

2.ホームルーター

ホームルーターは、コンセントに挿すだけで使える、手軽なインターネット回線です。
工事不要なので、賃貸住宅でも使いやすく、引っ越しのときも便利。
ただし大容量通信ができない(通信制限がかかりやすい)ので、使いすぎには注意が必要です。

メリット ◎工事が不要(コンセントに挿すだけ)
〇通信速度は普通(光回線より遅い)
〇通信の安定性は普通(光回線より不安定)
〇料金相場は4,000~5,000円
デメリット ×使いすぎると、通信制限がかかる
×家の外では使えない

3.モバイルWi-Fi

モバイルWi-Fiは、持ち運びできるインターネット回線です。
外出先でインターネットを使うことが多い人におすすめです。
ただし大容量通信ができず(通信制限がかかりやすい)、料金相場も高めなことがネックです。

メリット ◎工事が不要(充電するだけ)
◎外で使える
△料金相場は4,000~5,000円
デメリット △通信速度が遅め
△通信がやや不安定
×使いすぎると、通信制限がかかる場合がある

4.賃貸アパートやマンションの無料Wi-Fi

一人暮らし向けの賃貸住宅の中には、インターネット無料の物件もあります。
ただし、無料のインターネット回線は、通信が遅く不安定な場合も。
平日夜や週末など、インターネット回線が混み合う時間帯は、インターネットがサクサク使えないこともあります。

メリット ◎利用料金が無料
デメリット ×通信速度が遅いことが多い
×通信が不安定なことが多い
×使いすぎると、通信制限がかかる場合がある
×家の外では使えない

一人暮らしのインターネットに「光回線」をおすすめする理由

インターネット回線は、水道・電気・ガスに並ぶ、日常生活に欠かせないインフラ設備です。
たとえば一人暮らしだと、固定電話を引いていない人も多いのではないでしょうか。
その場合、インターネットを使ったスマホアプリやSNSが、唯一の連絡手段になります。
またYouTubeやSNSの動画視聴や、オンラインゲームといった娯楽、日用品などの買い物から食事の宅配サービスまで、すべてインターネット環境が必要です。
さらにコロナ禍を経て、多くの企業にリモートワークが普及したほか、学校の授業や就職活動にもオンライン化が進み、インターネット環境が不可欠になりました。
いまの時代、一人暮らしでもインターネット環境を整えておかないと、生活の質はもちろん、学業・就職・仕事にまで影響が及ぶ可能性があります。
一人暮らしのインターネット選びは、安さ・手軽さなどのコスパを重視しがちですが、これからの時代は、通信速度と通信環境の安定性で選ぶ必要があります。
「光回線」は、通信速度と通信環境がもっとも安定しているので、一人暮らしのインターネット回線としておすすめです。

一人暮らしのインターネットに「光回線」を選ぶときの注意点

光回線は、回線の開通工事が必要な場合があります。
賃貸アパートやマンションで一人暮らしをしている場合は、開通工事が可能かどうか、大家さんや管理会社に確認しましょう。

一人暮らしのおすすめインターネット「OCN 光」

一人暮らしのインターネットに選ぶなら、光回線の「OCN 光」がおすすめです。
理由1:IPoE(IPv4 over IPv6)接続で、高速通信・安定回線
理由2:光回線が月額3,960円(税込)から使える
理由3:「OCN光モバイル割」でさらにお得

理由1:IPoE(IPv4 over IPv6)接続で、高速通信・安定回線

OCN 光は、混雑しにくいIPoE(IPv4 over IPv6)方式でのインターネット接続が無料で標準装備されています。
そのため通信速度が速く、回線も安定しています。
通常、インターネットで必要な通信速度は

Webサイト閲覧、メール送受信 10Mbps(メガビーピーエス)
動画視聴、音楽ダウンロード 50Mbps(メガビーピーエス)
オンラインゲーム、ウェブ会議 100Mbps(メガビーピーエス)

程度といわれていますが、OCN 光の通信速度は、最大1Gbps(ギガビーピーエス)。
1Gbps =1,000Mbpsなので、OCN 光の通信速度がいかに速いかがわかりますよね。
また、「IPoEアドバンス」というオプションサービスを利用すれば、通信環境がさらにパワーアップ。
OCN 光なら、時間や曜日に関係なく、動画視聴・オンラインゲーム・リモートワークもサクサク快適に利用できます。

→「IPoEアドバンス」について詳しくはこちら

理由2:光回線が月額3,960円(税込)から使える

OCN 光の月額料金は3,960円(税込)~と、数ある光回線の中でも低めの料金設定が魅力です。
料金の中には、光回線だけでなく、プロバイダ料金もまとめて含まれています。
高品質なインターネット回線が、安く使えるのは嬉しいですよね。

戸建てタイプ マンションタイプ
OCN 光 5,610円 3,960円
フレッツ光 東日本 6,710円 4,565円~5,390円
フレッツ光 西日本 5,940円 4,026円~5,236円
ソフトバンク光 5,720円 4,180円
ドコモ光 5,720円 4,400円
ビッグローブ光 5,478円 4,378円

※税込価格
※フレッツ光はプロバイダにOCNを選択したときの料金

理由3:「OCN光モバイル割」でさらにお得

OCN 光は、スマホとのお得なセット割引があります。
格安SIMのOCN モバイル ONEとセットで契約すると、OCN モバイル ONE 1台あたりの月額料金が、毎月220円(税込)割引になります。(「OCN光モバイル割」)

通信容量/コース名 月額料金 OCN光モバイル
割適用後
500MB/月コース 550円 なし
1GB/月コース 770円 550円
3GB/月コース 990円 770円
6GB/月コース 1,320円 1,100円
10GB/月コース 1,760円 1,540円

※税込価格
新2年自動更新型割引の加入が必要。
参照URL : https://service.ocn.ne.jp/mobile/charge/

OCN 光を契約するときに、スマホもOCN モバイル ONEに変えれば、スマホ料金を月額550円(税込)まで抑えることもできますよ。

まとめ

一人暮らしのインターネット回線は、つい安さ・手軽さを重視しがちです。
しかし、エンタメや買い物だけでなく、授業・就職活動・仕事といった活動にもインターネット環境が不可欠になっている今。
インターネット選びは、
・通信速度
・通信環境の安定性
を重視する必要があります。

一人暮らしでインターネット回線をどこにしようか悩んでいる人は、
・IPoE接続で、高速通信・安定回線
・月額3,960円(税込)から使える
・「OCN光モバイル割」でさらにお得
なOCN 光がおすすめです。