インターネットの乗り換え、それで大丈夫?損しない3つの手順とコツ

「家のインターネットが遅くて困っている…」
「リモートワーク中のウェブ会議で、画面がよく固まる…」
「毎月のインターネット料金が負担…」
「引っ越しするから、インターネット回線を変えないと…」
など、さまざまな理由で、インターネットの乗り換えを検討している人は多いと思います。

でもインターネットの乗り換えって、いろんな手続きや契約があって、大変そうですよね。
どこのインターネットに乗り換えるのが一番良いのか、比較するのも一苦労です。

そこで、
■これでスムーズ!インターネットを乗り換える3つの手順
■失敗しない!インターネットの乗り換え先を選ぶコツ
■乗り換えがお得!おすすめインターネット回線
をご紹介します。

インターネットの乗り換えが不安な人や、失敗して後悔したくない人は、ぜひ参考にしてください。

これでスムーズ!インターネットを乗り換える3つの手順

インターネットをスムーズに乗り換えるためには、3つの手順があります。

1.乗り換えるインターネット回線を決める
2.乗り換え先のインターネット回線を契約する
3.現在のインターネット回線を解約する

1.乗り換えるインターネット回線を決める

インターネットを乗り換えるには、さまざまなインターネット回線を調べて、乗り換え先を決める必要があります。
インターネットの乗り換え先の、失敗しない選び方については、後ほど詳しくご紹介します。

2.乗り換え先のインターネット回線を契約する

現在のインターネット回線を解約する前に、乗り換え先のインターネット回線を、先に契約しましょう。
現在のインターネット回線を先に解約してしまうと、インターネットが使えない空白の期間ができてしまう可能性があります。
また、乗り換え先のインターネット回線の開始月を調整して、現在の利用料金とのダブル支払いを避けることもポイントです。

3.現在のインターネット回線を解約する

現在のインターネット回線を解約するときは、タイミングが重要です。
多くの契約では、契約から2年目などの「契約更新月」以外に解約すると、違約金が発生します。
・契約更新月がいつなのか
・違約金はいくらなのか
をあらかじめ調べたうえで、解約タイミングを選びましょう。
契約更新月や違約金は、契約書に記載されているほか、各サービスの問い合わせ窓口でも確認できます。

インターネットどこに乗り換える?失敗しない選び方のコツ

「インターネットを乗り換えたけど、やっぱり前の方がよかった…」
「インターネットを乗り換えたら、違約金や初期費用で、意外に高くついた…」
と後悔しないためにも、インターネットの乗り換え先を選ぶ3つのコツをご紹介します。

コツ1:インターネット乗り換えの目的を明確にする
コツ2:違約金負担やキャッシュバックなど、お得な乗り換えキャンペーンがあるか調べる
コツ3:乗り換え工事が必要か調べる

コツ1:インターネット乗り換えの目的を、明確にする

インターネット回線の乗り換え先を決めるときは、
・今のインターネットの何が不満で、どう変えたいのか
乗り換える目的を明確にしておくことが、失敗しないコツです。

現状の不満(変えたいこと) おすすめの乗り換えインターネット回線
×インターネット接続が遅く、不安定
×視聴中の動画や、リモートワーク中のウェブ会議がよく固まる
〇通信環境が高速・安定した「光回線」
×毎月のインターネット料金が高く感じる 〇利用料金が安い「光回線」
×賃貸住宅など、光回線の工事ができない家に住んでいる(または住む予定) 〇コンセントに挿すだけで使える「ホームルーター」
×家の中より、外出先でインターネットを使いたい 〇外でも使える「モバイルWi-Fi」

光回線

光回線は、高速・大容量通信が可能なインターネット回線です。

・動画視聴
・オンラインゲーム
・ウェブ会議

といった大容量通信をよくする人や、家族でインターネットを使う人におすすめ。
光回線は事業者数も多いので、いまの料金に不満がある人は、少しでも料金の安いサービスを選ぶようにしましょう。

通信速度 ◎高速
通信環境 ◎混雑しにくく安定
通信制限 ◎なし
料金相場 △4,000~6,000円
手軽さ ×工事が必要
使える場所 ×回線を引いた場所のみ(家の中など)

【光回線がおすすめなのはこんな人】
・インターネットをサクサク快適に使いたい
・動画視聴、オンラインゲーム、ウェブ会議をすることが多い
・家族で使う

ホームルーター

ホームルーターは、コンセントに挿すだけでインターネットが使える手軽さが魅力です。
回線工事ができない賃貸住宅に住んでいる人や、引っ越しが多い人におすすめです。
ただしホームルーターの通信速度や安定性は、光回線より劣ります。
また通信制限もかかりやすいので、

・動画視聴
・オンラインゲーム
・ウェブ会議

などの大容量通信をよくする人や、家族で使いたい人には、あまりおすすめできません。

通信速度 〇普通(光回線より劣る)
通信環境 〇普通(光回線より劣る)
通信制限 ×あり
料金相場 〇4,000~5,000円
手軽さ ◎工事が不要(コンセントに挿すだけ)
使える場所 ×回線を引いた場所のみ(家の中など)

【ホームルーターがおすすめなのはこんな人】

・賃貸住宅など、回線工事ができない家に住んでいる(または住む予定)
・引っ越しが多い
・動画視聴、オンラインゲーム、ウェブ会議をほとんどしない
・一人暮らしで使う

モバイルWi-Fi

モバイルWi-Fiは、持ち運びできるインターネット回線です。
ただし、インターネットを使えるのは、モバイルWi-Fiを持っている人の近くのみ。
モバイルWi-Fiを外に持ち出すと、家の中ではインターネットが使えなくなります。
また通信制限もかかりやすいので、家族で使いたい人にはおすすめできません。

通信速度 △遅め
通信環境 △不安定
通信制限 ×あり
料金相場 〇4,000~5,000円
手軽さ ◎工事が不要(充電するだけ)
使える場所 ◎家でも外でも使える

【モバイルWi-Fiがおすすめなのはこんな人】

・賃貸住宅など、回線工事ができない家に住んでいる(または住む予定)
・引っ越しが多い
・外出先でインターネットを使うことが多い
・動画視聴、オンラインゲーム、ウェブ会議をほとんどしない
・一人暮らしで使う

コツ2:違約金負担やキャッシュバックなど、お得なキャンペーンがあるか調べる

インターネットを乗り換えるときは、

・現在のインターネット契約の解約違約金を負担してくれる
・キャッシュバックがある
・Wi-Fiルーターなどのプレゼント特典がある

といった、乗り換え時のお得なキャンペーンがあるかどうかを調べましょう。
キャンペーンは期間限定の場合も多いので、気になる内容があれば、早めに乗り換えを検討するのがおすすめです。

コツ3:乗り換え工事が必要か調べる

インターネットを乗り換えると、回線の開通工事が必要になる場合があります。
工事が必要な場合、

・工事費用がかかる
・賃貸住宅の場合は、そもそも工事できない場合がある

ため、乗り換え先を決めるときは、工事が必要かどうかを確認しておきましょう。

インターネット乗り換えで、工事が必要になるケース

以下のケースでは、インターネットの乗り換え時に、工事が必要になります。

・初めて光回線を契約するとき
・「独自回線」の光回線から、「光コラボレーション」の光回線に乗り換えるとき
・「独自回線」の光回線から、「フレッツ光」の光回線に乗り換えるとき
・「光コラボ」の光回線から、「独自回線」の光回線に乗り換えるとき
・「フレッツ光」の光回線から、「独自回線」の光回線に乗り換えるとき

独自回線とは、事業者独自で開発した光回線を使った、インターネット接続サービスのことです。

【独自回線の光回線の一例】

  • NUROひかり
  • auひかり
  • eo光 など

光コラボレーション(以下、光コラボ)とは、NTT東日本・NTT西日本が提供する光回線を利用し、さまざまな事業者が提供するインターネット接続サービスのことです。
なお「フレッツ光」は、NTT東西が提供するサービスのため、光コラボと同じ光回線を使っています。

【光コラボの光回線の一例】

  • OCN 光
  • ドコモ光
  • ソフトバンク 光
  • ビッグローブ光
  • 楽天ひかり
  • nihty光 など多数

たとえば、今までホームルーターを使っていた人が、初めて光回線を契約するときは、工事が必要です。
また光回線でも、独自回線の「NURO 光」を使っていた人が、光コラボの「OCN 光」に乗り換えるときは、工事が必要です。

インターネット乗り換えで、工事が不要のケース

以下のケースは、乗り換えのときに工事が必要ありません。
・ホームルーターやモバイルWi-Fiに乗り換えるとき
・「フレッツ光」から、「光コラボ」の光回線に乗り換えるとき(転用)
・「光コラボ」の光回線から、「フレッツ光」に乗り換えるとき(転用)
・「光コラボ」の光回線から、「光コラボ」の光回線に乗り換えるとき(事業者変更)

▼光回線の乗り換えで、工事不要のケースについてより詳しく
「光回線の乗り換えは工事不要?工事が不要になるケースを徹底解説」

インターネットをお得に乗り換えるなら「OCN 光」がおすすめ

インターネットをお得に乗り換えるなら、「OCN 光」がおすすめです。

理由1:IPoE(IPv4 over IPv6)接続で、高速通信・安定回線
理由2:光回線が月額3,960円(税込)から使えて安い
理由3:お得なキャンペーンが豊富

理由1:IPoE(IPv4 over IPv6)接続で、高速通信・安定回線

OCN 光は、高速で安定した通信が魅力の光回線です。
混雑しにくいIPoE方式(IPv4 over IPv6)のインターネット接続が標準装備されているため、数ある光回線の中でも通信速度が速く、回線も安定しています。
また、オプションサービス「IPoEアドバンス」を利用すれば、通信速度や安定性がさらに高まります。
時間や曜日に関係なく、動画視聴もオンラインゲームもウェブ会議も、サクサク快適に利用できますよ。
→「IPoEアドバンス」について詳しくはこちら

理由2:光回線が月額3,960円(税込)から使えて安い

OCN 光の月額料金は、
・マンションタイプ:3,960円(税込)~
・戸建タイプ:5,610円(税込)~
と、数ある光回線の中でも低めの料金設定が魅力です。
「毎月の利用料金は抑えたいけれど、インターネットが快適に使えないと困る…」
という理由で乗り換えを悩んでいる人にも、OCN 光はぴったりです。

戸建てタイプ マンションタイプ
OCN 光 5,610円 3,960円
フレッツ光 東日本 6,710円 4,565円~5,390円
フレッツ光 西日本 5,940円 4,026円~5,236円
ソフトバンク光 5,720円 4,180円
ドコモ光 5,720円 4,400円
ビッグローブ光 5,478円 4,378円

※税込価格
※フレッツ光はプロバイダにOCNを選択したときの料金

理由3:お得なキャンペーンが豊富

OCN 光は、キャッシュバックなどお得なキャンペーンが豊富です。
キャンペーン内容は時期によって異なるので、気になる内容があれば、早めに乗り換えを検討するのがおすすめです。
→OCN 光のキャンペーン一覧はこちら

まとめ

インターネットをお得でスムーズに乗り換えるには、
・通信環境や料金など、自分に合った乗り換え先を探す
・お得な乗り換えキャンペーンを活用する
・乗り換え工事の要否を確認する
ことが大切です。
乗り換え先が決まったら、先に新しい乗り換え先を契約して、インターネットが使えない期間をつくらないことがポイントです。
また解約タイミングによっては、違約金が発生する場合もあるので注意しましょう。
インターネットを乗り換えるなら、高速通信・安定回線で安いOCN 光がおすすめです。
納得感と満足感のあるインターネット乗り換えをして、より快適な毎日を手に入れてください。