1. TOP
  2. 光回線はOCN 光がおすすめ?人気の理由や強みとは?

光回線はOCN 光がおすすめ?人気の理由や強みとは?

光回線はOCN 光がおすすめ?人気の理由や強みとは?

光回線はたくさんの種類があるため、どれを選べばいいのかわからなくなる人も多いでしょう。そこで、今回はOCN 光の特徴やサービス内容について、ご紹介します。

 

※OCN 光は2023年6月30日に新規申し込みが終了致しました。
詳細は公式サイトにてご確認ください。ただ、既存でご契約されている方は、そのまま使えますので、ご安心ください。
以下、本記事につきましては、OCN光 新規申し込み終了以前の情報を基づく紹介であることをご了承ください。

なお、OCNにおきましては、ドコモ光「1ギガ」「10ギガ」対応のプロバイダとして、2023年7月1日より「OCN インターネット」を提供し始めておりますので、ご興味ある方は公式サイトをご確認ください。

 

関連記事:OCNとは?OCN インターネットのメリット・デメリット

 

OCN 光のプロバイダはOCN

皆さんは、光回線の「回線事業者」と「プロバイダ」についてご存知でしょうか。
インターネットを契約する際には、回線事業者とプロバイダの両方と契約を締結する必要があります。回線事業者は、光回線のサービス提供会社です。もっとも有名な回線事業者は、NTT東日本・西日本でしょう。一方でプロバイダとは、回線事業者が保有している光回線をインターネットと接続させる役割を持つ接続事業者のことです。上記の回線事業者から借り受けた光回線を使用して、ユーザーとインターネットを繋ぎます。このように回線事業者とプロバイダの役割は違うため、自宅でインターネット環境を構築する際には両者と契約を結ぶ必要があります。どちらか一方のみと契約してもインターネットには接続できないので注意しましょう。ただ、回線事業者とプロバイダをそれぞれ選んだうえ、別々に契約するのは時間も手間もかかりすぎると感じてしまう人も多いでしょう。

そういった場合におすすめなのが、光回線とプロバイダがセットになった「光コラボレーションモデル(以下、光コラボ)」です。このように両方のサービスがセットになっていれば選びやすいうえ、まとめて契約が可能で支払いもシンプルになります。

光コラボは何が良いのか

光コラボとは、フレッツ光と同じ回線を利用している光回線のことです。フレッツ光とは、NTT東日本・西日本が提供している光回線で、光コラボではこの光回線を借りてサービスを提供しています。光コラボとフレッツ光の大きな違いは、月額料金とキャンペーンで、光コラボの方が全体のコストを抑えられることがメリットとなります。

 

関連記事:光コラボとは?光回線の選びかたとおすすめポイントを解説!

 

OCN 光の特長

数多くの光回線が存在する中で、OCN 光の特長をご紹介します。

  • マンションタイプの月額料金が特に安い
  • 回線工事費用が低く設定されている
  • 通信速度が速く、回線の質が高い
  • キャンペーンが充実している

➀ マンションタイプの月額料金が特に安い

おすすめの理由1つ目は、マンションタイプの月額料金が特に安いことです。まずはこちらの表をご覧ください。
【月額料金比較表】

光回線 月額料金(マンション) 月額料金(戸建て)
OCN 光 3,960円 5,610円
ドコモ光 4,400円 5,720円
NURO光 5,200円 5,200円
auひかり 4,730円 6,160円

※税込価格
※キャンペーン適用時の金額

上の表を見て分かるとおり、マンションタイプの相場は4,000円~5,000円前後、戸建てタイプは5,000円~6,000円前後となります。決して戸建てタイプが高いわけではありませんが、マンションタイプの月額料金が特に安いのが分かります。

② 回線工事費用が低く設定されている

おすすめの理由2つ目は、回線工事費用が低く設定されていることです。まずはこちらの表をご覧ください。

【回線工事費用比較表】

光回線 新規工事費用(マンション) 新規工事費用(戸建て)
OCN 光 16,500円 19,800円
ドコモ光 16,500円 19,800円
NURO光 44,000円 44,000円
auひかり 33,000円 41,250円

※税込価格

NURO光やauひかりの回線工事費用が30,000円、40,000円を超える中、OCN 光はドコモ光と並んでマンション16,500円(税込)、戸建て19,800円(税込)と低く設定されています。回線工事費用は、キャンペーンなどで割引になることがありますが、もともとの金額が低いのはかなり良心的と言えます。

③ 通信速度が速く、回線の質が高い

おすすめの理由は、通信速度が速く、回線の質が高いことです。OCN 光では、回線の混雑を避けるIPoE(IPv4 over IPv6)接続を標準提供しており、回線の混み合う時間帯でも快適にインターネットを利用することができます。次に通信速度を見ていきましょう。

光回線 下り(ダウンロード) 上り(アップロード)
光回線(平均) 319.04Mbps 235.24Mbps
OCN 光 337.6Mbps 211.63Mbps
ドコモ光 321.57Mbps 220.76Mbps
Softbank光 323.09Mbps 210.38Mbps
楽天ひかり 307.72Mbps 231.18Mbps

※参照:みんなのネット回線速度
※直近3カ月の平均値データ
※IPoE接続での数値

光回線全体の平均「下り」速度が319.04Mbpsの中、OCN 光は337.6Mbpsと平均以上の数値であることが分かります。回線の質・通信速度の速さともにOCN 光は優れていると言えるでしょう。

 

まとめ

今回は、OCN 光の魅力を解説しました。

ただ、現在は冒頭で紹介した通り、OCN光は2023年6月30日をもって新規申し込みを終了しています。
これから新規で光回線を申し込むのであれば、NTTドコモが運営する「ドコモ光」がよいでしょう。そして、プロバイダは「OCNインターネット」がおすすめです。
OCNインターネットのサービスには、OCN光で紹介したIPoE(IPv4 over IPv6)のインターネット接続を標準提供していますし、光回線の性能を最大限活かせる高性能Wi-Fiルーター(WX3000HP2)も無償レンタルが可能なのでお得です。OCNインターネットにご興味がある方は、ぜひ公式サイトをご確認ください。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

編集部

「gooネット回線についての総合情報サイト」の編集部です。 光回線の情報を中心に、お得な情報から光回線の基礎知識まで、幅広く情報をお届けいたします。